サクラサク


週末、Ⅰ家の人々と、伊豆旅行に行って来ました♪


c0122007_12143497.jpg



実は、2月の初め・・・

るるが志望していた中学校への進学が決まりました。

この旅行は、「るーちゃんの合格が決まったら、みんなで伊豆へ旅行に行こう!」と、去年から、Ⅰ家夫妻が計画を立てていてくれた旅行です。

そして、受験ウィークは、Ⅰ家の人々の協力なしでは乗り越えることができなかった・・・と言ってもいいほど・・・

朝7時前に、受験校へ向かう るると私。
仕事を休めないパパの代わりに、Ⅰ家の人々が、同じ時間に我が家に来て、うぃを7時半過ぎに小学校へ送り出し、そして、私達が帰るまで、ちゅちゅと留守番をしていてくれたのです。

c0122007_12214686.jpg
受験日の前日には、Ⅰ家夫からは、キットカットの‘キットメール’が届き、そしてⅠ家妻は、「コンビニの合格お菓子、全部買って来た!」と言って、仕事帰りに届けてくれたり・・・
合格を伝えた時も、Ⅰ家妻は、泣いて喜んでくれました。



思えば・・・るるの生意気な態度に、「お弁当(塾の)なんてもう作ってあげないからっ!」と、言ったことも何度もあったっけ!
それでも・・・親は、お弁当を作ったり、見送り、帰りを待ち・・・このくらいしかしてあげられることはないから・・・

親や家族には、だいぶ甘えていたけど、るるにとっての受験生活は、「受験するから・・・」って、他のことをおろそかにすることは本末転倒。
1月の中旬過ぎから、受験に備えて学校を休むお友達もいた中で、るるは、毎日学校に行き(これは、親子共々、‘当たり前のこと’と、思っていますが・・・)、担任の先生から、「無理せず、休んでもいいのよ!」なんて言われるほど。

そんな、一生懸命な姿を、約1年半、見て来ました。

                                            
でも・・・


実は、初日は、不合格だったのです・・・


もしかしたら・・・「一生懸命努力しても、報われないこともある」って・・・
こんなことを、まだ12歳のこの子に教えなくてはいけなくなるかもしれないの・・・?

そんなこと言ったら・・・まだ12歳の子供に、‘受験’というものをさせること自体、間違っていたの・・・?

るる・・・ごめん、ごめんね・・・・・・

泣いている るるを抱きしめ、心の中でのつぶやき。
でも、ママは、合格の嬉し涙まで、泣かないから!!!



こうして、母は、また、強くなります。
そして るるも、再び挑んだ第1志望校、そして、傷みを乗り越えての合格・・・
努力が実を結び、るるは、新たな世界の入口に立ったのです(by 3月9日)。


でも、歌詞の続きにもあるように、‘1人じゃないってこと’、るるには、決して忘れないで欲しい。
それは、この先も、これまでも・・・

そう、この1年、おうちのことを本当によく頑張ってくれたのは うぃ・・・
るるの合格を知り、号泣したのも、うぃでした。
いつも強いお姉ちゃんが、合格できずに泣いている・・・そんな姿を見て、うぃも胸がしめつけられる思いだったそう。
手作りのお守りも、プレゼントしてくれたよね・・・!

応援してくれた方々への感謝の気持ち、ずっとずっと、忘れないでいて欲しい。

それから・・・・・

るる、本当に、おめでとう。
もしも、壁にぶつかり、立ち止まってしまう時が来たとしても、この時のことを思い出して・・・
るるなら、きっと、乗り越えられる。
そして、1人じゃないよ・・・みんなが、ついてるから・・・




旅行日記になるはずが・・・・・!思わず、書き留めておきたくなってしまいました^^;
最後まで読んで下さったみなさん、ありがとう!



c0122007_12543834.jpg


Ⅰ家との伊豆旅行は、笑いあり涙(?!)あり・・・^^*
修善寺の‘虹の郷’へ行ったり、いちご&菜の花狩りをしたり♪
ホテルでは、カラオケに卓球!
今回の旅行ではトランプもせず、明け方5時まで語り合ってしまった・・・^^;
みんなみんな、と~~~っても楽しかった!!


c0122007_12401494.jpg



うちは、合格したからって、海外旅行になんて行けないけどさ・・・^^;
でも、Ⅰ家の人々との愛情い~~~っぱいの伊豆家族旅行♪
Ⅰ家の人々(様^^;)・・・本当にどうもありがとう❤ また行こうね!




 

これからどんどん忙しくなりそうですが、そんな私への応援も、いつもありがとうございます^^!
[PR]
by aqua-tn315 | 2009-03-09 13:28 | お出かけ