卒業式を終えて


3月19日、るるの卒業式でした。とても良い、卒業式でした。


「子供の前では話しませんが、主人と私は、学校を信頼していません。」


6年生にあがってすぐの家庭訪問で、私は、赴任してきたばかりの少し怖そうな、40代(かな~?)の先生(U先生)に、この言葉を言おうかどうか、ずっと悩んでいました。


学校を信頼していないというのは、5年生の頃にそんな出来事があったから。いや、始めは2年生の頃、そして、4年生の頃・・・と、先生に対して少しずつ不信感を抱くようになって、5年生で爆発したって感じかな。
モンスターペアレントじゃないけれど、学校に抗議したって何も変わらないって知ってたし、
家庭がちゃんとしていれば、子供は曲がらないと思ってたし、それに、学校を信頼できないなんて、やっぱりちょっと、悲しいでしょ?
だから、‘抗議’みたいなこと、したくなかった。
けど、ささやかなる抵抗で、学年末に配られる学校アンケートには、我が家的な意見を書いてみたりもしたんだけどね。


6年生の先生だって期待しちゃいけない、家庭訪問も適当に流せばいい・・・とも思ったけど、
諦めちゃうのは簡単で、もう1度信じてみることって、すごく厳しくて難しいんだけど・・・
でも・・・信じたいじゃない?!学校のこと、先生のこと。
だから、この言葉、先生にぶつけてみた。あ、もっと、やんわりした口調でね^^;


「私はこの学校に来たばかりだし、ちゃんと自分の目で、お子さんのことを見ます」と、U先生はおっしゃいました。
そして、「学校を信頼できないなんて・・・お母さんも辛かったでしょう」と。



4年生からクラスが一緒の仲良しのお友達が、おうちの事情で学校に来られないことがあって。
6年生になっても、あんまり来なくて、ある子が、「あいつは不登校だ」と言ったことに、U先生は、
「〇〇ちゃんは不登校なんかじゃありません!!!!」と、すごく怒ったんだって。
先生は、その子と交換日記を始めて、なんとか学校に来られるように努めてくれたらしくて・・・
「4年生の先生も、5年生の先生も、〇〇のこと、ずっと知らんぷりだったけど、U先生はちゃんとやってくれた!」と、るるが言っていました。
もう、子供は、自分の視点で、先生がどういう人なのか、わかるのです。

U先生のあれこれを、るるはたくさん話してくれました。
るるは、U先生を、本当に信頼してる・・・それが、すごく嬉しかった。
そして、U先生も、いつも、子供達のことを信頼していて下さいました。

体験学習の説明会の時は、「夜、寝ないグループがあっても、叱りません。‘寝なさいよ~’ぐらいは言いますけどね!せっかくの楽しい体験学習が、怒られる方も嫌だろうし、怒る方も嫌なんです。‘早く寝なさ~い ヾ(*`Д´*)ノ"彡’ と、叱っていた時期も私にもありました、若い頃!でも、もう、今は言いません^^ あははは~~」と、ちょっと太めの^^;U先生がこんな風に言ってくれると、すごく温かみがあってね。

「あなた達はできる!」そう言って、社会科見学での移動も班行動も、全て子供達だけでやってみようという試みも、この学校で初めて、なされました。

U先生は・・・厳しい時ももちろんあり、それでもいつも、「子供ごころ」を持って、接して下さる先生だったと思います。


卒業式の後、少しだけ先生とお話できて。
「るるちゃんは、いつも遠慮がちで・・・もしかしたら、5年生までの色々がそうさせてしまったのかもしれません。でも、私も、その殻をやぶけたかどうか・・・」
U先生、私が家庭訪問で言ったあの言葉、覚えていてくれたのかな・・・
「るるが、いつも‘U先生のクラスになれて、本当に良かった!’と言っていたんです。それが、全てです。ありがとうございました。」
もっともっと感謝の気持ちを伝えたかったけど、こう言うだけで精一杯でした。

先生が、どれだけして下さったかは、クラスの、一人一人の顔、団結した時の顔・・・を見ればわかります。

家庭訪問でのあの言葉も・・・きっと、話してみて良かったんだと思います。
もう1度・・・先生を、信じて良かった。



るるは・・・謝恩会後も友達と遊び、6時過ぎに帰って来ました。
「遅くなりました、ごめんなさい」と。
そして、号泣・・・・・!!
先生だけではなく、ステキなお友達もたくさん!
るるのことを、いつもいつも支えてくれたんだって・・・そんな友達たちと離れ離れになるのは悲しいって。

ちっとも悲しいことじゃないんだよって、私自身、いくつかの「さよなら」を体験してきた時にいつも心に言い聞かせる詩を、るるにもプレゼントしました。

‘さよならは別れの言葉じゃなくて 再び会うまでの遠い約束’

これ、好きなんです^^*

・・・まったく・・・(ーー:) 近所なんだから、いつだって会えるし!!
逆の立場だったら、るるはママにそう言うんじゃない?!


とまぁ、6年間の小学校生活が終了しました。
終わりよければすべて良し・・・じゃないけどさ・・・6年生で、最高の先生、最高の友達、最高の思い出が作れたことは、本当に良かったんじゃないかな。

るる、卒業おめでとう!





子育てって、色々ありますね。頑張りましょう!!・・・そうだ・・・ちゅちゅの入園グッズを作らなきゃ~~(><) 応援よろしくね^^*
[PR]
by aqua-tn315 | 2009-03-20 07:53 | 季節