PTAの仕事

PTAの仕事で、‘献血活動’があり、先日、日本赤十字社の方のお話を聞いて来ました。

『アンパンマンのエキス』という言葉を、ご存じでしょうか?
その時見せていただいたビデオで知った言葉です。

・・・4年前、この仕事をお手伝いした時、協力者があまりにも少ないという現実を突き付けられました。娘達の小学校は、全13クラスと小さな小学校ですが、毎年、1クラスほどの人数が集まるか集まらないか・・・
もちろん、当日体調が悪かったり、体重が足りていなかったり(男女とも、50kg以上ないと400ml献血はできません)、妊娠中、授乳中・・・などとタイミングが合わない方もいたと思いますが、毎年のそんな状況から、日赤の方からは、「人数が確約できなければ今年は中止にしたい」と言われてしまいました。

「みんな、どうして献血しないんだろう?」

4年前、ただただ単純に、そんな思いがありました。

「っま、そんなもんだよね。」

それで、済んでいました。

私自身、2回しか献血をしたことがないけれど、特に深い気持ちはありませんでした。
でも先日、『アンパンマンのエキス』のビデオを見て、初めて献血の意義を知ったような気がします。

血液は、どのように使われるのか、どういう人達に使われるのか、誰が、必要としているのか・・・そういうことを知っていなければ、献血に無関心、興味無いっていうのは、当然なことなのかも。

でも・・・もし、自分の家族に輸血が必要となったら、全国をまわってでも血液を探すでしょう?
だから・・・・・・


わざわざ献血センターに足を運ぶのではなく、学校の行事がある時に、献血バスが、学校に来るのです。
だから、多くの人に協力してほしい・・・ 今年は、そんな風に感じました。
そして自分も、何か小さなことでも役に立てたら・・・なんて。


これから、実際に人数を確保できるのか・・・どうやって確保していくのか・・・
そんな話し合いをしながら、PTAの仕事が進んでいきます。
場合によっては、今年は中止になってしまうかもしれないし・・・


『アンパンマンのエキス』

・・・少しでも、何か感じるものがあったら、読んで、見ていただきたいです。

 ‘ありがとう!っていっぱい言わせて。’ ・・・きよみさんのブログ。

 ‘アンパンマンのエキス’ ・・・動画。
[PR]
by aqua-tn315 | 2008-06-09 11:16 | 日々のこと